生活の備蓄庫

気になった記事を拾い上げるブログ

     当ブログは2ちゃんねるまとめサイトですが速報性が低い趣味ブログです

    過去記事、長文レス、100レス以上の長い構成の記事があります

    更新もかなり遅いですが、よろしければお読みください。

    科学  コンピューター 通信回線

    1風吹けば名無し2020/10/16(金)17:28:40.16 ID: KHPlFxynp.net

    世界がまた少し綺麗になっていく









    引用元:【朗報】Twitter、ポリコレ配慮で未成年キャラを性的に見る人を永久BANに
    【Twitter、ポリコレ配慮で未成年キャラを性的に見る人を永久BANに 【言及しても駄目らしい】】の続きを読む

    1風吹けば名無し2020/10/09(金)07:37:58.59 ID: 91C6ta3TM.net

    人工知能を研究している非営利団体OpenAIが開発した言語モデル「GPT-3」を使用して、何者かが海外掲示板のRedditに1週間近く投稿を続けていたことが分かりました。
    GPT-3による投稿は、最終的に開発者の手によって停止されましたが、発覚するまでの間GPT-3は誰にも気付かれることなく、Redditユーザーと言葉を交わしていたと報じられています。

    文章生成AI「GPT-3」がRedditで1週間誰にも気付かれず人間と会話していたことが判明
    下リンクがソースになります。
    https://gigazine.net/news/20201008-gpt-3-reddit/




    引用元:「危険すぎる」と問題視されたAI、海外掲示板のRedditに潜伏し一週間人間としてやり過ごす
    【【人工知能】 「危険すぎる」と問題視されたAI、海外掲示板のRedditに潜伏し一週間人間としてやり過ごす 【投稿速度が速すぎてバレたらしい】】の続きを読む

    1首都圏の虎 ★2020/09/23(水)19:38:07.10 ID: J5TbJfsv9.net

    ノーベル物理学賞を受賞した天野浩教授らの研究グループが、無線で効率よく電力を送ることができる新たな技術を開発したと発表しました。

    電線を使わず無線で電力を送る技術は、スマートフォンの充電器などで実用化されていますが、送ることができる電力量が少ないことや距離が短いことなどが課題となっています。

    天野教授らの研究グループは、マイクロ波を使った新たな技術の開発に取り組んだ結果、送電する際の電力の変換の効率を、世界でもトップクラスの高さにすることに成功したほか、ノーベル物理学賞の受賞対象となった青色発光ダイオードの材料「窒化ガリウム」を使って、従来の3倍程度の電力を無線で受けることができる部品を開発したということです。

    研究グループでは、再来年度までに10ワットクラスの電力を無線で送るシステムを確立させたいとしています。

    実用化されれば、飛行中のドローンに電力を送ったり、電線のない場所でも、河川の水位のデータを集めたりすることが可能になると、期待されています。

    天野教授は「災害時に電気が足りない地域に遠隔で送電ができるなど、エネルギーを必要な場所に、必要なときに供給できる、将来の社会インフラとなる可能性がある」と話しています。

    下リンクがソースになります。
    https://www3.nhk.or.jp/news/html/20200923/k10012631391000.html






    引用元:【技術】ノーベル物理学賞 天野教授ら 無線で送電する新技術を開発 [首都圏の虎★]
    【ノーベル物理学賞 天野教授ら 無線で送電する新技術を開発 【電力の変換効率の高さと送電量の多さ】】の続きを読む

    1すらいむ ★2020/09/16(水)09:25:41.01 ID: CAP_USER.net

    iPS視細胞、今秋移植へ 世界初、中枢神経再生目指す 神戸アイセンター病院


     人工多能性幹細胞(iPS細胞)で作製した「神経網膜シート」の移植手術(臨床研究)を、神戸市立神戸アイセンター病院(神戸市中央区)が今秋に実施する方針を固めた。
     中枢神経の生理的回路の再建を目指す治療は目の再生医療の「本丸」と位置付けられており、世界初。

     今回の臨床研究は、既に厚生労働省の専門部会で了承されている。

     移植対象は「網膜色素変性症」の患者。光を感じる網膜の視細胞が周辺から死んで視野が狭まり、最後は失明に至る疾患で、国内に推定で約4万人の患者がいるとされる。
     確立された治療法はない。

     今回の手術は、拒絶されずに定着し、がん化しないことなどを確認するのが主目的。
     約1年かけて安全性を確認し、機能面はさらに数年、観察を続ける。

    (以下略、続きはソースでご確認下さい)

    神戸新聞NEXT 9/16(水) 7:19
    https://news.yahoo.co.jp/articles/273b181a3f0133e4e801db1fd3a8ac0fb95aae60




    引用元:【再生医療】iPS視細胞、今秋移植へ 世界初、中枢神経再生目指す 神戸アイセンター病院  [すらいむ★]
    【【上手くいくといいですね】 iPS視細胞、今秋移植へ 世界初、中枢神経再生目指す 神戸アイセンター病院 【再生医療】】の続きを読む

    1風吹けば名無し2020/09/19(土)06:19:27.30 ID: pEfUyHbO0.net

    なんで3大キャリアの値下げに拘るのか謎やわ




    引用元:菅「ドコモKDDIソフトバンクは携帯料金下げろ」←格安sim使えばいいだけじゃね?
    【【下がると嬉しいけどね】 菅総理「ドコモKDDIソフトバンクは携帯料金下げろ」←格安sim使えばいいだけじゃね?】の続きを読む

    1すらいむ ★2020/09/14(月)10:46:50.39 ID: CAP_USER.net

    AI超えの顔認識技術を生まれつき持つ特殊能力者「スーパーレコグナイザー」とは?

     監視カメラの映像をAI技術で分析して人々の動きを追跡する「顔認証」のシステムは、セキュリティや犯罪捜査などの面でめまぐるしい発展を見せています。
     一方で、自動顔認証システムはまだ初期段階にあり、ほとんどの場合で人間が作業を行っていると言われます。
     そのような中で、顔認証の精度を高めるために、「スーパーレコグナイザー」と呼ばれる特殊な能力を持つ人々が活躍する例があります。

     How Police Are Using 'Super Recognizers' Like Me to Track Criminals
    下リンクは英語のソースです。
     https://www.vice.com/en_us/article/ep487p/how-police-are-using-super-recognizers-like-me-to-track-criminals

     中国は「全てを監視するAIシステム」に力を入れていたり、一方でアメリカではプライバシーの観点から顔認証技術の使用禁止を政府機関から求められたりとさまざまですが、技術が発展していく一方で、いまだ多くの国が最後の判断は人間に任せるという形を採っています。
     そんな中、人々の顔を正確に見分ける類いまれな能力を持つ人が、映っている人の角度や映像の粗さにかかわらず見分けられるように力を発揮しているケースもあります。

     「スーパーレコグナイザー」という用語は2009年に生まれたもので、出会った人々の80%以上を記憶している人を指します。
     平均で20%しか記憶できないとされる中で、チラッとすれ違った人ですらはっきり見分けられるほどの能力があり、神経メカニズムはほとんど判明していない遺伝的なそのスキルは、人口の1%しか持っていないそうです。

    (以下略、続きはソースでご確認下さい 下のリンク)

    Gigazine 2020年09月14日 07時00分
    https://gigazine.net/news/20200914-super-recognizer/




    引用元:【話題】AI超えの顔認識技術を生まれつき持つ特殊能力者「スーパーレコグナイザー」とは?  [すらいむ★]
    【【1%もいるの!?】 AI超えの顔認識技術を生まれつき持つ特殊能力者「スーパーレコグナイザー」とは。】の続きを読む

    1雷 ★2020/09/13(日)15:23:14.36 ID: Jx1lC4sw9.net

    登録をしたこともない電子決済サービスに、いつの間にか自分の銀行預金で万単位の金額がチャージされていた——。

    9月初め、NTTドコモの電子決済サービス「ドコモ口座」を使った預金の不正な引き出しが明らかになった。9月11日午前0時時点で被害件数は73件、被害総額は約1990万円に上る。被害が確認されているのは七十七銀行や中国銀行、大垣共立銀行など地方銀行を中心とする計12行だ。

    (略)

    ドコモは再発防止策として、ドコモ口座に銀行口座を登録する際にこれまでのメールアドレスによる認証だけでなく、携帯番号宛に認証に必要な番号をSMS(ショートメッセージサービス)で送信する二要素認証を「可及的速やかに導入する」(ドコモ)。さらに「eKYC(Electronic Know Your Customer)」と呼ばれる、運転免許証など本人確認書類を撮影し提出するシステムを9月末までに導入する予定だ。

    スマホ決済業者間の競争が激しくなる中、ドコモは回線契約者以外への決済サービスの拡大を急いだことが裏目に出た。通信会社系では、KDDIの「au PAY」やソフトバンク系の「PayPay」があるが、いずれもアカウント開設時にSMSによる二要素認証を実施している。さらに口座を連携する際に「自社の基準に照らし、(今回被害を出しているような)認証要素の少ない銀行に関しては、当社側の仕組みでeKYCを通さないと入金できないようにしている」(PayPay広報)という。

    不正にチャージされたお金を使えないようにするには、スマホ決済業者がセキュリティ強化でせき止めなければならない。ドコモの場合、それが不十分だった。

    二要素認証を”省いた”銀行
    2つ目の問題は銀行側にある。銀行口座とドコモ口座をつなぐ際に、セキュリティの弱い方法を用いていた。

    被害が確認された12の銀行は、「Web口座振替受付サービス(以下Web口振)」というシステムで口座接続をしていた。接続に必要なのは氏名、口座番号、生年月日、4桁の暗証番号。それらの情報を不正に入手すれば、第三者が勝手に口座接続ができる状態だった。

    銀行口座と外部サービスを接続する際にセキュリティを高めるうえで、二要素認証は欠かせない。ドコモ口座との接続でも二要素認証を用いる銀行はあった。

    現時点で被害の出ていないみずほ銀行は、自社のインターネットバンキングを経由して、ドコモ口座と接続しており、取引ごとに使い捨ての「ワンタイムパスワード」を発行していた。インターネットバンキングを契約していない顧客には認証の条件として物理的な通帳を求めており、通帳に記帳されている最終残高を入力しなければならない方式を取っている。

    (略)

     つまり、今回の事件はドコモ側、銀行側それぞれのセキュリティに対する甘さが招いたものだ。前出の徳丸氏は「お互いに、相手が(本人確認を)やってくれるだろうという意識が確実にあった」と指摘する。
     事件発覚後、両者が危機意識を高めて協力しあう状況にはなっていない。ドコモはWeb口振の利用について「各銀行がそれぞれの事情で決める話」(丸山副社長)としている。銀行側は「われわれは(Web口振の)システムに乗っかっているだけ。セキュリティはある程度(ドコモなどの)決済事業者に依存してしまう」(中堅地銀行員)と言ってのける。

     セキュリティ強化を相手に委ねる形でサービスを続けていては、同様の問題が発生しかねない。ひとまずドコモは対応策を示し、ほかの決済事業者の水準に合わせた形だ。今後は地銀を中心とする銀行側の対応姿勢が問われそうだ。

     下リンク先がソースになります。
    https://news.yahoo.co.jp/articles/aed47980cdccb25bde6b0cbffbee1b61f910d496




    引用元:「ドコモ口座」不正被害に見たもたれ合いの唖然 ドコモと金融機関の両方に責任と甘さ [雷★]
    【【記帳をしに行かないと】 ドコモ口座の不正被害に見た もたれ合いの唖然、 ドコモと金融機関の両方に責任と甘さ】の続きを読む

    このページのトップヘ